リフォーム専門・設計・デザイン・施工

0120-953-107受付9:00-18:00 日曜・祭日定休
お問い合わせCONTACT
お問い合わせ

ショールームで
お待ちしております。
お気軽にお越しください。

BLOG 現場ブログ

2021.3.4
原状回復店舗工事

事務所や店舗、施設の天井補修

 

こんにちは。本日は天井修復の施工事例をご紹介します。

今回のキーワードはずばり「ジプトーン」です。「ジプトーン」自体は耳慣れない言葉ですが、皆さんも必ずどこかで目にしたことのあるおなじみのものだと思います。

それが…こちらです!

いかがでしょうか。学校や職場、病院などでこの模様を目にしたことがある方が大半ではないでしょうか。

この天井用化粧石膏ボードを「ジプトーン」といいます。

ジプトーンには様々なメリットがあり、短期間で施工できコスパが良いこと、防火性能があること、遮音性があることが挙げられます。

このため、今日まであらゆる用途の室内天井に用いられているわけですね。

さて、今回の現場は東京都杉並区のとある事務所です。先ほどご紹介したジプトーンの天井の補修でお伺いしました。

天井は普段触る箇所ではないため、天井ボード自体に耐久性はあまりありません。蛍光灯を交換する際や、長いものを持ち歩いていた時、うっかり天井にぶつかってしまい穴が開いてしまった…ということもよくあります。

天井に穴が空いていたり、大きなシミがあったりすると美観はかなり損なわれてしまいます。

お客様からのイメージダウンに繋がってしまうことになりかねません。早めの補修がおすすめです。

こちらは古いジプトーンを取り外した後の写真です。今回は蛍光灯が触れている部分の施工になるため、蛍光灯も取り外しています。

この状態をプロの目で見て、必要十分な材料を算段します。その後土台部分の補強を行い、ジプトーンを張っていきます。

今回は仕上げにペンキを塗り、蛍光灯を戻して施工完了です。

ジプトーンなら、何かトラブルがあっても短時間での補修が可能です。(水漏れなどその他の要因がある場合はこの限りではありません)

メンテナンスに大きな時間や費用、手間がかからないところもジプトーンの良い所ですね!

天井補修についてご相談、お見積りをお待ちしております。