リフォーム専門・設計・デザイン・施工

0120-953-107受付9:00-18:00 日曜・祭日定休
お問い合わせCONTACT
お問い合わせ

ショールームで
お待ちしております。
お気軽にお越しください。

BLOG 現場ブログ

2021.4.30
リノベーション

スケルトンリフォーム④ 床工事(東京都杉並区)

こんにちは!スケルトンリフォーム現場紹介第4弾、本日は床工事のご紹介です。

「スケルトンリフォーム」とは?はこちらから→ スケルトンリフォームの造作工事(東京都杉並区)

今回は置床工法で床を作っていきます。置床工法は、簡単に言うと「床下を作る工法」です。

コンクリートに直に床材を貼り付けるのではなく、ゴム付の脚を使って床全体をかさ上げするようなイメージです。このような床を二重床とも言います。

二重床にするメリットとしては、配管を床下に通せるのでバリアフリーにできること、コンクリートと床の間の空気により底冷え感が少ないこと間取り変更を伴うリノベーションをしやすいことなどが挙げられます。

逆にデメリットとしては、直張りと比較してコストがかかること、脚の長さの分天井が低くなることが挙げられます。

さて、実際の施工ですが、まずは壁際に「際根太」を設置していきます。読み方は「きわねだ」です。(知らないと全く読めませんよね…)

マンションの二重床は壁際の強度が低くなるため、補強の為に「ボードを乗せる足場のようなもの=際根太」を設置します!

ボルトで高さ調整をして水平にしたら、専用のボンドを流し込み乾燥させて固定すれば設置完了です。

次は床の下地となるパーチクルボードを施工します。際根田と同じようにパーチクルボードにも脚をつけて並べていきます。

これも高さ調整をして専用のボンドを流し込んでいきます。これで一晩おいてボンドが固まるのを待ちます。

続いて、パーチクルボードの上からベニヤ板を隙間なく張っていきます。

置床工法による床工事はこれで完了です。この上からフロアタイルを敷いて仕上げをしていきます。

壁・床が出来上がりましたので、次回はクロスとフロアタイル施工をご紹介予定です。こちらの現場も終わりが近づいてきました…。

次回記事はこちら→ スケルトンリフォーム⑤ 壁・床完成!(東京都杉並区)


 

パラヴィは埼玉県朝霞市に拠点を置くリフォーム専門店です!朝霞市・新座市・和光市・志木市・浦和・練馬区を中心に施工しております。(その他、東京都内一部エリアに関しても柔軟に対応しております)

当社の特徴として、ご利用者様のご紹介による施工が大変多いため、満足度の高い施工を提供し続けられていると自負しております。

パラヴィでは1部屋のちょっとした内装リノベーションから外壁・屋根の修理まで幅広くご相談をお受けしております。

今回ご紹介しております「スケルトンリフォーム」は、通常のリフォームよりも工期が長く費用も高くなってしまいますが、ご予算内で出来る限り「理想のお住まい」に近づけられるようなリフォーム方法をご提案いたします。

お問い合わせをお待ちしております。