リフォーム専門・設計・デザイン・施工

0120-953-107受付9:00-18:00 日曜・祭日定休
お問い合わせCONTACT
お問い合わせ

ショールームで
お待ちしております。
お気軽にお越しください。

BLOG 現場ブログ

2021.5.18
原状回復

壁の穴を補修 ボード補修工事(東京都杉並区)

こんにちは!本日は壁穴の補修工事現場をご紹介します。

壁に穴が空いた=石膏ボードの破損というケースがほとんどです。今回の現場も石膏ボードを使用した壁でした。

石膏ボードは耐火・遮音・断熱性能があり、壁の下地に広く利用されています。

ただし厚みがあるわけではないので局所的な衝撃には弱く、細い棒状の物や鋭利な物などがぶつかると簡単に穴が空いてしまうことも。

画鋲やピンを刺した程度の穴であれば、市販の補修材を利用することも可能ですが、ボードが欠けている場合はボード補修後、クロスを張りなおす必要があります。

目立たない美しい仕上がりを求めるなら専門家に任せるのが一番ですね!

さて、実際の施工としては、破損部分を四角く切り取った後、その部分を埋めるように新しいボードを貼り付けます。

上図はボード貼り付け前です。この壁は外壁に面しているため、今回はGLボンドを使い、平らになるように貼り付けます。

GLボンドとは、コンクリート壁にボードを直接貼るGL工法で利用される接着剤です。

GL工法についてはこちらの記事でもご紹介していますので是非ご覧ください!

スケルトンリフォーム③ GL工法(東京都杉並区)

補修した箇所にパテを打ち、乾いたら紙やすりで平らにしてクロスを張るための下地を作ります。

最後にクロスを張り付けて施工完了です!


 

パラヴィは埼玉県朝霞市に拠点を置くリフォーム専門店です!朝霞市・新座市・和光市・志木市・浦和・練馬区を中心に施工しております。(その他、東京都内一部エリアに関しても柔軟に対応しております)

パラヴィは住居と住まう人の未来を見据えた総合提案力を強みとしており、1部屋のちょっとした内装リノベーションから外壁・屋根の修理まで幅広くご相談をお受けしております。

お問い合わせをお待ちしております。